参議院選挙出馬は今井絵理子などのタレント議員が多い理由は?

2019年の夏は参議院選挙が行われる予定になっています。現時点での予想では参議院選挙は7月21日ごろが濃厚になっています。さて、参議院選挙というとタレント議員が多いような気がしませんでしょうか?

最近では、元アイドルの今井理恵子さん、元柔道五輪メダリストの谷亮子さん、元スキー選手の萩原健司さん、元役者の山本太郎さん、などなど数え上げたら多くの有名人が参議院選挙に出馬して当選を果たしています。

なぜ、参議院選挙にはタレントやスポーツ選手といった有名人がおおいのでしょうか?そのあたりの疑問について調査してみました。

スポンサードリンク

参議院選挙にタレントなど有名人が出馬する理由

なぜ、参議院選挙にはタレントやスポーツ選手、俳優など有名人が多く出馬するのでしょうか?その理由は選挙制度と関係します。

参議院選挙では、非拘束名簿式というものが採用されています。これはなにかというと、政党名を書いても候補者の名前を書ても、その政党の得票となるというルールです。そうなれば知名度のある人を擁立すれば、投票者の中には有名人でいうことで名前を書く人が一定数いるだろうとということになります。

まさに、それが参議院での有名人を擁立している理由なのです。いい悪いはありますが、現在の制度においては致し方がないですね。

ちなみに、衆議院選挙では拘束名簿方式が採用されていて、こちらは比例代表の投票に政党名しか書くことができません。有名人が立候補してもその知名度を生かすことはできません。

過去のタレント議員は誰がいた?

最近(2004年から)の参議院でのタレント議員をあげてみました。

2004年参議院選挙で当選した有名人

神取忍(自民党で繰り上げ当選)2010年7月の第22回参議院議員通常選挙で自民党公認で比例区から出馬しましたが落選となりました。ということで現在は国会議員ではないです。

荻原健司(自民党)2007年8月30日に第一次安倍改造内閣で経済産業大臣政務官に任命されました。福田内閣でも同様に経済産業大臣政務官任命。2009年にスポーツの現場に戻りたいとの意向で次期の参議院選挙に出馬せず。ということで現在は国会議員ではないです。

2007年参議院選挙で当選した有名人

横峯吉郎(民主党)民主党で当選したが2011年12月28日に一身上の都合で離党届を提出。その後鈴木宗男の新党大地に参画。第23回の参議院選挙には出馬せず。ということで現在は国会議員ではないです。ちなみに横峯吉郎さんはプロゴルファー横峯さくらさんの実父です。

2010年参議院選挙で当選した有名人

三原じゅんこ子(自民党)国会議員当選後は女優業はやめている。2013年には自民党女性局長、自民党オートバイ議員連盟事務局長を務めている。2016年1月には参議院厚生労働委員長に就任。いまだ政治家として活動中。

谷亮子(民主党)民主党スポーツ議員連盟会長、日本未来の党幹事(遊説担当)、生活の党と山本太郎となかまたち副代表兼参議院幹事長などを歴任した後、改選となる2016年第24回参議院議員通常選挙には出馬せず。ということで現在は国会議員ではないです。

2013年参議院選挙で当選した有名人

渡邉美樹(自民党)ワタミの創業者。2019年2月、第25回参議院議員通常選挙には出馬せず政界を引退すると表明した。

2016年参議院選挙で当選した有名人

今井絵理子(自民党)聴覚障害者教育福祉協会会長でもある山東派会長山東昭子参議院議員からの誘いにより出馬し当選。