スポーツ

箱根駅伝は関東の大学しか出場できない?その驚きの理由は?

投稿日:2017年11月2日 更新日:

 

お正月のスポーツ観戦といえば箱根駅伝というくらい、いまや箱根駅伝は正月の風物詩になっています。

 

でも、この箱根駅伝の出場大学をみて気になったことありませんか?

出場している大学は、関東の大学ばかり。

なぜ関東の大学しか出場していないのでしょうか?

気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

なぜ箱根駅伝は関東の大学のみの出場なのか?

箱根駅伝の歴史ですがかなり昔からやっていた競技で、第一回大会は1920年に開催されました。

 

この第1回大会の出の呼びかけられたのが関東の大学だったのです。

その流れもあり、関東学生陸上競技連盟が主催する運びとなり、関東の大学しか出場できないことになりました。

 

箱根駅伝というと、正月の風物詩となっており学生の箱根路を目指して各大学へ入学しているのだと思いますが、実は箱根駅伝は、あくまでも地方大会の競技なんです。

 

そういうと驚かれる方も多いと思いますが、

箱根駅伝より上位に位置する全国大会があります。

それが、出雲全日本大学選抜駅伝競争という大会です。

 

ちなみに、

大学生の駅伝としては、

箱根駅伝、出雲駅伝、全日本大学駅伝が3大駅伝と言われます。

3大会すべてに優勝すると、3冠達成と言われます。

ということは、関西の大学は絶対に三冠達成はできないということになります。

スポンサーリンク

ちょっとこれは不公平ですよね。

箱根駅伝もこれだけメジャーになってきたので、

全国の大学から出場を募ればいいとおもいますね。

 

関東の大学しか出場できない箱根駅伝ですが、

各校の選手の出身高校をみると関東以外の選手が多いですね。

 

2018年箱根駅伝の青山学院のメンバーをみて選手の出身高校は関東以外が結構います。

・下田祐太選手・・・・加藤学園高等学校(静岡県)

・田村和希選手・・・・山口県立西京高校(山口県)

・近藤修一郎選手・・・九州学院高等学校(福岡県)

・吉永流聖選手・・・・鹿児島上西高校(鹿児島県)

・小野田勇次選手・・・豊橋高校(愛知県)

 

一部の選手をあげましたが、関東以外の出身者が多いです。

スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

松山英樹ホールインワン達成動画と使用クラブは?

ダンロップフェニックスが開催されていますが、松山英樹プロがホールインワン達成しました。 さすが世界ランク5位ですね。 ダンロップフェニックスカントリークラブ最終日3番(175ヤードパー3)で放った打球 …

箱根駅伝2019東海大出場メンバー出身高校偏差値と過去成績

既に季節の風物詩となっている正月の箱根駅伝ですが、2019年の大会で95回目となります。   出場校数は、昨年度シード権獲得している10校と予選会から勝ち上がってきた12校、そして予選敗退校 …

大橋悠依は美人で竹内結子似との噂のスイマーの身長スタイルは?

水泳界に美人スイマー現れました。  

夏の甲子園100回大会応援ダンスする高校はどこ?動画も紹介!

夏の恒例行事の一つが、高校球児が白球を追いかける夏の甲子園大会ですね。 2018年の今年は、夏の甲子園100回記念大会となります。   夏の甲子園100回大会のテレビCMが話題になっています …

日大アメフト部91番宮川泰介選手経歴と悪質タックル会見動画

日大アメフト部悪質タックル問題については、いよいよ関学選手へ悪質タックルした選手本人が会見をする事態になりました。 今回会見をするには、日大アメフト部91番宮川泰介選手です。   &nbsp …