東京マラソン2019足切り制限時間と各関門場所と閉鎖時間は?

今年も東京マラソンの季節になりました。

東京マラソンには制限時間があります。

その制限時間内の完走できないと途中棄権となってしまします。

制限時間内で完走するためには、各関門を通過する時間の目安はどのくらいでしょうか?

完走するための各関門の目標通過時間を調べてみたので、東京マラソンに参加される方は、参考にしてみて下さい。

【関連記事】東京マラソン2019エントリー芸能人・有名人は?順位結果速報!

スポンサードリンク

東京マラソン2019制限時間は?

東京マラソンには制限時間があります。制限時間は「7時間」です。7時間は比較的長い設定ですが、毎年約3.7%のランナーが途中棄権してしまうようです。ゴール到着までの制限時間の他に、各関門に一定の時間内に到着できないと、そこで途中棄権になっちゃうルールがあります。

そこは注意が必要ですね。足切り制限時間があるということです。そうなると、コース内のどこで休憩をとるかも重要なポイントになります。

そこは下の東京マラソン2019コースのところにある動画でコースを事前確認してシミュレーションしておくといいでしょう。

各関門の足切り時間についてはこちらでチェックしてみてください。

東京マラソン2019コースについて

東京マラソンのコースは、都庁から東京駅前までを走るコースです。

ルートは以下の通りです。

都庁→飯田橋→神田→日本橋→浅草雷門→両国→門前仲町→銀座→高輪→日比谷→東京駅前

 

スポンサーリンク

 

こちらがコース動画ですね。

コースのイメージがわきます。

東京マラソンに参加される方は、こちらの動画で事前にコースを確認しておくといいですね。

東京マラソン各関門の足切り時間

コース最初の関門は、飯田橋セントラルプラザ前になります。

ここにスタートから1時間20分で到着しないと足切りになります。

それ以降の関門での足切り時間は以下の通りとなります。

関門場所 距離・地点 関門閉鎖時間 足切り制限時間
飯田橋セントラルプラザ前 5.6キロ 10:30 1時間20分
日本橋南詰 9.9キロ 11:00 30分
駒形橋西詰交差点 14.6キロ 11:40 40分
深川一丁目交差点 19.7キロ 12:30 50分
浅草橋交差点 25.7キロ 13:20 50分
数寄屋橋交差点 30.1キロ 13:55 35分
札ノ辻交差点 34.2キロ 14:35 40分
芝公園グランド前交差点 38.5キロ 15:30 55分
日比谷交差点 41キロ 16:00 30分
東京駅前・御幸通り 42.195キロ 16:10 10分

制限時間内ゴールを目指し走るペースを確認するには?

東京マラソンに参加するランナーは、全員シューズに計測用のチップを付けているので、このチップからどのあたりを走っているか、どのくらいのスピードで走っているか、ということがわかります。

こちらは東京マラソン2018の計測チップ

計測チップは返却必須のマラソン大会もあるみたいですが、東京マラソンは返却しなくていいみたいです。

ランナー番号を入力すると、東京マラソン公式サイトで確認できます。

まとめ

出場するからには完走したいですよね。

参加される方は、各関門の閉鎖時間を頭に入れてペース配分を考えて頑張りましょう。

あとは当日は晴天になることを祈るばかりです。