春の選抜高等学校野球大会2019注目及びイケメン選手ベスト3!

春の選抜高等学校野球大会が、2019年3月23日から12日間、阪神甲子園球場で開催されます。

今年の選抜高校野球の注目選手は誰でしょうか?

さらに、イケメン選手についても調査してみました。

 

注目選手トップ3、イケメン選手トップ3を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

春の選抜高校野球注目選手トップ3

智辯和歌山高校 東妻純平選手

智辯和歌山の正捕手。

遠投125mの強肩をもっている選手です。

また、足が速く50m6.5秒という俊足の持ち主です。

 

札幌大谷高校 西原健太選手

神宮大会で札幌大谷を優勝を導いたエースの選手です。

抜群のコントロールを誇る投手でピッチングフォームが独特です。

 

変化球の持ち球はスライダ、チェンジアップ、カーブ。

センバツのマウンドでは、どの独特の投球フォームに注目です。

 

こちらがピッチングフォームです。

 

星稜高校 奥川恭伸選手

北信越大会準々決勝では、10者連続三振を奪った投手です。

球種も多く、カーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップと変幻自在に操る投手です。

そして、コントロールが抜群に良いまさに万能投手です。

最速150キロのスピードのあるボールも魅力です。

春の選抜大会での活躍が楽しみな選手です。

春の選抜高校野球イケメン選手トップ3

 

桐蔭学園高校 森敬斗選手

桐蔭学園の先輩である高橋由伸2世と言われてる選手です。

2018年からチームの主将を任されたイケメン主将です。

 

2年生秋の関東大会では、逆転サヨナラを含む3本のホームランを放つなど、勝負強いバッティングが持ち味の選手です。


甘いマスクから、今大会では注目されるでしょう。

 

津田学園高校 前佑囲斗選手

前佑囲斗選手は、ハーフのような顔立ちのイケメン選手です。

名前が珍しいので、覚えてもらいやすいかもしれませんね。

 

マックス148キロのストレートが武器ですね。

バッターを追い込んでからの制球力は抜群にいいです。

ストレート以外では、持ち球はカーブ、スライダーになります。

 

横浜高校 及川雅貴選手

名前:及川雅貴(およかわ まさき)
生年月日:2001年4月18日
出身:千葉県匝瑳(そうさ)市
身長:183cm
体重:74kg
投打:左投げ左打ち

 

及川選手は最速150キロを超える左腕の選手です。

中学時代には、日本代表に選ばれスーパー中学生と言われました。

 

ちなみに、名前の読み方は@「オイカワ」ではなく「オヨカワ」と読むそうです。

 

まとめ

注目選手&イケメン選手のトップ3を紹介しました。

今回ピックアップした選手は、今回の選抜では注目されること間違いないと思います。

素晴らしい活躍をされることを期待しましょう。