台風19号ラグビー日本対スコットランド中止でチケット払戻し?

ラグビーワールドカップ2019の日本代表がベスト8をかけて挑む、スコットランド戦ですが、台風19号の影響が気になりますね。

日本対スコットランドは、2019年10月13日(日)19:45試合開始になっています。

場所は横浜国際競技場です。

台風の進路次第では、中止の可能性もあるので今後の台風の動きに要注目です。

そして、仮に台風19号の影響により日本対スコットランド戦が中止となった場合、チケットはどうなるのでしょうか?

また、両国への勝ち点等の取り扱いはどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

台風19号による日本対スコットランド影響は?

現在の台風19号の進路予想だと、三連休に日本列島への影響が出ると言われています。

ウェザーニュース社による台風19号の進路予想は以下の通りとなっています。

台風19号の勢力は大型で注意が必要となっています。

台風の進路予想からは、まさに10月13日(日)日本対スコットランド戦が行われる横浜国際競技場は、直撃の可能性ありですね。

台風がそれるか、スピードアップして三連休前に日本列島を一瞬で駆け抜けるかしてほしいですね。

こちらは海外の台風19号に対する予想進路です。

こちらをみても、10月12日、13日はヤバイですね。台風直撃の可能性大です。

台風19号で中止の場合の発表は?

ラグビーワールドカップ(W杯)組織委員会は、10月7日に台風19号接近に伴う、10月13日(日)の日本対スコットランド戦に開催に関するコメントを発表しています。

台風時の対応については、気象庁の最新情報などに基づき、台風の進路を確認しながら試合開始6時間前までに最終的な開催可否を判断する。

試合開始6時間前には中止が発表されるので、注意して情報に耳を傾けましょう。

おそらく公式ツイッターでも発表されると思います。

台風19号で中止の場合のチケット払戻は?

中止の場合にチケット払戻については、ラグビーワールドカップ2019公式サイトの中に記載があります。

試合中止等に伴うチケットの払戻し

不可抗力、安全及びセキュリティ上の問題、権限者又は所轄官庁による決定(以上を含みますがが、これらに限定されません。)などによる不測の事態やその他の事情が発生した場合、試合の開始時間、日付、試合時間及び会場又はチケットによって管理されるその他の詳細が、変更されることがあります。

この場合、事業者の決定に基づき所定の期間内に限り、払い戻しを行います。

払戻しを受ける際、その払戻しの対象となるのは券面額のみであり、他に支払った料金や費用(手数料、郵便料金、配送料など)まで払い戻されるわけではありません。

 

ちなみに、ラグビーワールドカップの過去8回で中止になったことはないそうです。

まさか日本開催で初の試合中止になるかもしれないですね。

チケット払戻方法についての記載はありませんが、中止となった場合には払い戻し手順が公表されると思います。

参考に、ラグビーワールドカップ2019チケットカスタマセンターの連絡先を記しておきます。

  • 0570-09-2019(国内)
  • 10:00~18:00(日本時間)※年末年始除く

【注意】払い戻しがされないケースあり

以下の場合には払い戻しされないので注意が必要です。

  • a) 理由の如何にかかわらず、キックオフ後に試合が中断された場合
  • b) 理由の如何にかかわらず、キックオフが当初の予定時間よりも遅れた場合
  • c) 試合の実施日に変更はなく、キックオフの時間のみが変更になった場合

 

台風19号で中止の場合日本の決勝トーナメント進出は?

台風19号の影響で中止となった場合、日本の決勝トーナメント進出はどうなるでしょうか?

8強入りの条件は以下の通り。

  • 9日、スコットランドがロシアに引き分け以下で8強入り
  • 12日、アイルランドがサモアに敗れれば8強入り
  • 13日、日本がスコットランドに引き分け以上で8強入り

台風19号で試合が中止となると、ルールにより引き分けとなることから、日本代表の決勝トーナメント進出(8強)が決定します。

でも、試合をやって勝利して8強へ進んでもらいたいですね。

まとめ

台風19号接近に伴い、2019年10月13日の日本対スコットランドの試合が中止となった場合、チケットの払い戻しがどうなるのか?という点を確認しました。

さらに、試合中止となった場合日本の決勝トーナメント進出がどうなるかという観点も確認してみました。

いま乗りに乗っている日本代表には、優勝目指して頑張ってほしいですね。

ガンバレ日本!