運動会で万国旗を掲げる理由と万国旗の意味と種類はいくつあるのか?

秋なので運動会シーズン真っ盛りなのではないでしょうか?

5月に運動会を実施する学校もあると聞きますが、

運動会=秋というのが僕自身イメージとしてありますね。

 

そんな運動会で僕がいつも気になっているのは、運動場に掲揚されている万国旗ですね。

娘の幼稚園の運動会でも園庭に万国旗が掲揚されていました。

僕の子供のころから全く変わっていない運動会の風景ですね。

スポンサードリンク

なんで運動会で万国旗を掲げるのでしょうか?

 

万国旗が掲揚される理由が気になったので調べてみました。

 

まずは、

この万国旗は、幼稚園とか小学校の運動会ではよくみられる光景のようです。

たしかに、母校の中学校の運動会、高校の体育祭ではなかったような記憶がありますね。

 

万国旗が掲揚されるようになったのは、明治時代の中頃からとのこと。

この時期は、日本が万国博覧会に参加するようになり、博覧会場で万国旗が掲揚されているのを真似して運動会などのイベントで掲揚されるようになったようです。

 

なので、運動会において特に万国旗を使う理由はないようです。

 

ちなみに、

万国旗はすべての国の国旗なのか?というとそうではありません。

 

たしかに、

世界中の国旗を飾ったら大変な数になっちゃいますよね。

世界の国旗の数は、数量の上限はあるでしょうけれども約200程度のようです。

 

万国旗で使われている国旗の種類は?

実際に万国旗で使われている国旗は以下の8つが多いようです。

 

日本

 

アメリカ合衆国

星は現在の州を表しているそうです。

 

イギリス

ユニオンジャックですね。

 

ドイツ

黒、赤、金の三色旗ですね。黄色にみえますが金です。

 

オランダ

世界最初の三色旗ともいわれています。

 

スウェーデン

 

カナダ

カエデを中央に配した国旗です。

 

最近は日本もグルーバル化して、

国際結婚も多くなっているし、日本に定住する外国人も多くて、場合によっては自分の国旗が運動会で掲揚されている万国旗の中にないということも出てくる可能でもあるので、最近は地域によっては、運動会で万国旗を掲揚しない学校もあるようです。

 

自分の国の国旗がない!

という人がいるかどうか知らないですが、

そういう人が出てきてもおかしくないですね。

 

まとめ

最近は、万国旗がない?と言われるからなのか、

運動会で万国旗を掲げない地域もあるというのは、ちょっと寂しい感じがしますね。

万国旗がたなびく校庭で晴れた日に運動会のかけっこ、という光景がなんだかピッタリくるのは、僕だけでしょうか。

 

運動会から万国旗は、なくならないでほしいですね。