誰かに話したくなる旬の話題!

通勤時間にスマホ片手に旬の情報ゲット

日産自動車無資格審査で121万台リコール。対象車種セレナ、リーフなど24車種はどれ?

日産自動車無資格審査で121万台リコール。対象車種セレナ、リーフなど24車種はどれ?

日産自動車は、

10月2日西川広人社長が記者会見して完成検査の資格を保有しない従業員による工場での検査について陳謝しました。

発生の発端は、国土交通省の抜き打ち立ち入り検査で発覚したとのことです。

 

今週中に約121万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出るそうです。

車検相当の検点検を行い、リコール費用が約250億円かかる見通しです。

 

今回リコール対象は、全部で24車種になるそうです。

日産では、お客様相談室を設けて対応する方針を出しています。

お客様相談室の連絡先は、0120-941-232で午前9時~午後5時までです。

スポンサードリンク

日産の無資格検査でのリコール対象の24車種は!?

今回の無資格検査を実施していた工場が全部で6か所であることが判明しています。

工場ごとに生産している車種は以下の通り。

 

1.追浜工場(神奈川県)

リーフ、ジューク、キューブ、シルフィ、ノート

 

2.栃木工場(栃木県)

シーマ、GT-R、フーガ、スカイライン、フェアレディZ、インフィニティQX70

インフィニティQX50、370Zロードスター

 

3.日産自動車九州

セレナ、X-TRAIL、ティアナ、ROUGE、

 

4.日産車体湘南工場

エルグランド、セレナ、ウィングロード、AD,ADエキスパート、サファリ、プックアップ、セドリックセダン、クルー、キャラバン、FX45/35、シビリアン、救急車等の特装車

 

5.日産車体九州

イニフィニティQX80、パトロール、アルマーダ、エルグランド、クエスト、NV350キャラバン

 

6.オートワークス京都

シビアリン、アストラトラック、

 

リコールの対象は上記6工場で生産されているうちの24車種が対象になります。

 

日産自動車から発表されているリコール対象の24車種以下の通りです。

 

シルフィ、ノート、ジューク、キューブ、リーフ、マーチ、GT―R、シーマ、フーガ、フェアレディZ、スカイライン、セレナ、ティアナ、エクストレイル、NV200バネット、ウイングロード、シビリアン、パラメディック、アトラス、エルグランド、キャラバン、e―NV200、ムラーノ、ラティオ

コメントを残す