箱根駅伝2020予選会出場校と予選突破順位予想と注目選手は?

いまや正月の風物詩となっている箱根駅伝ですが、1月2日、3日開催されますが、昨年度シード権を獲得した学校以外は、予選会を突破しないと正月の箱根路を走ることができません。

予選会の日程は10月26日(日)に東京都立川市で開催されます。

予選会に出場する学校と予選突破して1月2日、3日の本戦出場を果たすことができる学校の予想をしてみます。

また、各学校の注目選手にも焦点をあてていきます。

スポンサードリンク

箱根駅伝予選会の概要

日程:2019年10月26日(日)9:35スタート

会場:陸上自衛隊立川駐屯地→立川市街地→国営昭和記念公園

会場へのアクセスは、JR中央線立川駅が最寄になります。徒歩10分程度です。

距離:21.0975キロ(ハーフマラソンの距離となります)

出場資格:

・第95回箱根駅伝シード校(10校)以外

・関東地区の大学【参考記事】箱根駅伝は関東の大学しか出場できない?その驚きの理由は?

各大学のエントリー選手全員が「1万メートル34分以内」のトラック公認記録を有していること

本予選会及び箱根駅伝本大会出場回数が“通算4回未満

実際のコースのCGがこちら。

箱根駅伝予選会出場校

箱根駅伝予選会は、今年で46回目をかぞえます。

今年の予選大会の出場校の顔ぶれを紹介していきます。

1.中央大学

2.早稲田大学

3.日本体育大学

4.日本大学

5.東京国際大学

6.神奈川大学

7.明治大学

8.国士館大学

9.大東文化大学

10.城西大学

11.山梨学院大学

12.上武大学

13.麗澤大学

14.亜細亜大学

15.専修大学

16.創価大学

17.東京農業大学

18.筑波大学

19.駿河台大学

20.日本薬科大学

21.明治学院大学

22.桜美林大学

23.流通経済大学

24.関東学院大学

25.武蔵野学院大学

26.平成国際大学

27.慶応義塾大学

28.東京経済大学

29.立教大学

30.東京大学

31.東京理科大学

32.帝京平成大学

33.学習院大学

34.一橋大学

35.高崎経済大学

36.東京工業大学

37.防衛大学校

38.芝浦工業大学

39.育英大学

40.東京工業大学大学院

41.東京学芸大学

42.上智大学

43.東京大学大学院

以上43校がエントリーされています。

スタートの並び順は、前回大会(第95回箱根駅伝2019)の本選および予選会の順位順となります。

その他の大学はエントリー者上位10名の1万メートルの合計タイム上位順となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020予選会注目選手は?

箱根駅伝2020予選会注目選手は誰でしょうか?

東京国際大学のイェゴン・ヴィンセント選手が注目です。ケニア出身の選手ですね。

明治は絶対的エースの阿部弘輝(4年)が注目選手です。

早稲田大学は、井川龍人(1年)、鈴木創士(1年)、中谷雄飛(2年)などスター級の下級生が沢山いるので、勢いに乗れば優勝の射程圏内になります。

 

箱根駅伝予選会2020順位予想

ここで順位予想をしたいと思います。

まずは上位3校の順位は固いでしょう。

1位→東京国際大学

2位→明治大学

3位→早稲田大学

4位以下は混戦模様が予想されていますが、順位予想をすると以下の感じです。

4位→中央大学

5位→日本大学

6位→日本体育大学

7位→大東文化大学

8位→城西大学

9位→神奈川大学

10位→山梨学院大学

箱根駅伝予選会2020順位結果

箱根駅伝予選会の結果が出ました。

予選会上位10校の結果は以下の通りです。

(1)東京国際大 3年連続4度目

(2)神奈川大 10年連続51度目

(3)日体大 72年連続72度目

(4)明大 2年連続61度目

(5)創価大 3年ぶり3度目

(6)筑波大 26年ぶり63度目

(7)日大 2年連続89度目

(8)国士舘大 4年連続48度目

(9)早大 44年連続89度目

(10)中大 3年連続93度目

こちらが、予選会総合成績です。

(1)東京国際大 10時間47分29秒

(2)神奈川大 10時間50分55秒

(3)日体大 10時間51分9秒

(4)明大 10時間51分42秒

(5)創価大 10時間51分43秒

(6)筑波大 10時間53分18秒

(7)日大 10時間54分29秒

(8)国士舘大 10時間55分21秒

(9)早大 10時間55分26秒

(10)中大 10時間56分46秒

以上が予選通過

(11)麗沢大 10時間57分12秒

(12)駿河台大 10時間58分44秒

(13)上武大 11時間16秒

(14)専大 11時間1分57秒

(15)城西大 11時間2分27秒

(16)東農大 11時間5分5秒

(17)山梨学院大 11時間6分14秒

(18)大東大 11時間6分22秒

(19)流通経大 11時間10分57秒

(20)東経大 11時間16分21秒

(21)武蔵野学院大 11時間16分28秒

(22)亜大 11時間19分52秒

(23)立大 11時間23分49秒

(24)明治学院大 11時間24分26秒

(25)日本薬科大 11時間25分34秒

(26)関東学院大 11時間27分13秒

(27)慶大 11時間28分47秒

(28)桜美林大 11時間30分55秒

(29)平成国際大 11時間38分29秒

(30)育英大 11時間49分54秒

(31)芝浦工大 11時間50分16秒

(32)東大 11時間53分54秒

(33)東京理科大 12時間5分5秒

(34)一橋大 12時間5分44秒

(35)帝京平成大 12時間9分27秒

(36)学習院大 12時間16分6秒

(37)東工大 12時間28分15秒

(38)東工大大学院 時間33分6秒

(39)東京学芸大 12時間34分25秒

(40)防衛大 12時間40分17秒

(41)東大大学院 12時間45分52秒

(42)上智大 12時間49分27秒

(-) 高崎経大

個人成績の上位50人は以下の通り。

(1)レダマ・キサイサ(桜美林大4年) 1時間1分1秒

(2)ライモイ・ビンセント(国士舘大2年) 1時間1分37秒

(3)イエゴン・ビンセントキベット(東京国際大1年) 1時間2分23秒

(4)チャールズ・ドゥング(日大1年) 1時間2分33秒

(5)伊藤達彦(東京国際大4年) 1時間2分34秒

(6)荻久保寛也(城西大4年) 1時間3分12秒

(7)米満怜(創価大4年) 1時間3分19秒

(8)ジェームズ・ブヌカ(駿河台大4年) 1時間3分26秒

(9)手嶋杏丞(明大2年) 1時間3分28秒

(10)ボニフェス・ムルア(山梨学院大1年) 1時間3分38秒

(11)長谷川柊(専大4年) 1時間3分51秒

(12)岩崎大洋(上武大3年) 1時間3分52秒

(13)金丸逸樹(筑波大4年) 1時間3分53秒

(14)藤本珠輝(日体大1年) 1時間3分54秒

(15)森凪也(中大2年) 1時間3分58秒

(16)太田智樹(早大4年) 1時間3分58秒

(17)山口武(東農大3年) 1時間3分59秒

(18)坂本貫登(上武大3年) 1時間4分

(19)西研人(筑波大3年) 1時間4分1秒

(20)猿橋拓己(筑波大3年) 1時間4分4秒

(21)ワンブア・タイタス(武蔵野学院大4年) 1時間4分5秒

(22)森淳喜(神奈川大4年) 1時間4分13秒

(23)池田耀平(日体大3年) 1時間4分16秒

(24)横山徹(日大3年) 1時間4分19秒

(25)畝拓夢(中大3年) 1時間4分20秒

(26)ノア・キプリモ(日本薬科大1年) 1時間4分21秒

(27)相沢悠斗(東京国際大4年) 1時間4分22秒

(28)山口和也(日体大4年) 1時間4分23秒

(29)中川翔太(日体大4年) 1時間4分25秒

(30)井手孝一(神奈川大4年) 1時間4分27秒

(31)菊地駿弥(城西3年) 1時間4分28秒

(32)吉里駿(駿河台大3年) 1時間4分30秒

(33)樋口翔太(日大1年) 1時間4分33秒

(34)松尾鴻雅(城西2年) 1時間4分35秒

(35)三浦拓朗(中大2年) 1時間4分37秒

(36)櫛田佳希(明大1年) 1時間4分41秒

(37)北崎拓矢(神奈川大3年) 1時間4分41秒

(38)山瀬大成(東京国際大4年) 1時間4分41秒

(39)河村一輝(明大4年) 1時間4分43秒

(40)相馬崇史(筑波3年) 1時間4分44秒

(41)武田悠太郎(日大3年) 1時間4分45秒

(42)川田裕也(東農大4年) 1時間4分45秒

(43)石津佳晃(創価大3年) 1時間4分46秒

(44)井川龍人(早大1年) 1時間4分50秒

(45)荻野太成(神奈川大4年) 1時間4分51秒

(46)大里凌央(城西大3年) 1時間4分52秒

(47)小沢大輝(明大1年) 1時間4分55秒

(48)廻谷賢(日体大4年) 1時間4分57秒

(49)宮田僚(麗沢大4年) 1時間4分57秒

(50)丹所健(東京国際大1年) 1時間5分

まとめ

箱根駅伝2020予選会出場校と予選突破順位予想をしてみました。

さらに注目選手についてもリサーチしています。

さて、今年の予選会はどうなるのでしょうか?予想順位3位以外は、混戦でどの学校がでてもおかしくない状況ですね。

記事追記しました。

箱根駅伝予選会が終了しましたので、1月2日、3日の本選出場を決めた10校を追記しました。