IT関連

+メッセージができることLINEとの違いは?操作使い易さは?

投稿日:2018年4月12日 更新日:

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが、

携帯電話の番号だけでメッセージを送受信できる「+メッセージ」を5月9日からサービス開始を発表しました。

「+メッセージ」というサービスは、

これまでのSMS(ショートメッセージ)と何が違うのでしょうか?

 

また、

LINEの対抗サービスになると思いますが、LINEとの違いは何でしょうか?

操作や安さという点ではどちらが良いのでしょうか?

 

この辺りを調べてみました。

SMS(ショートメッセージ)との違いは何だろうか?

これまでも携帯・スマホではSMS(ショートメッセージ)という機能はありました。

それと「+メッセージ」を比較すると、送受信できる内容が全く違いますね。

SMSで送受信できるのは、全角70文字までのテキスト文字や絵文字でした。

 

それに対して、

「+メッセージ」は、送受信できる文字数が全角で2730文字までになっています。

写真や動画も送れます。

一度に送れるファイルサイズは最大100MBだそうです。

 

ただ、

できないこともあります。

音声IP電話、ビデオ通話はできません。

 

気になる料金ですが、

SMSは、1通送るごとに通信料金がかかるのに対して、

「+メッセージ」は、送信した容量に応じてデータ通信料金が発生することになります。

 

最近のスマホユーザは、

固定型のデータ通信料金プランを選択しているケースが多いので問題ないですかね。

スポンサーリンク

-IT関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

富士通のパソコンも外資へ。国内でパソコン続けるメーカは?FMVブランドは無くなる?

いよいよ富士通のパソコンもレノボへ売却されちゃいますね。 11月中旬までにはレノボへ売却されるようです。   これで、 大手国産メーカでパソコンをやっている会社は無くなったのでしょうか? 各 …

WPA2脆弱性「KRACKs」発見!WiFi機器への影響と対策について

「WPA2」の脆弱性が10月16日に特設サイトで発表されて騒ぎになっています。 そもそも、 WAP2って何なのだろう? 一体何が問題になっているのだろう? WAP2の脆弱性による一般ユーザへの影響はど …

iPhoneXSの新作発表イベントを日本語で視聴する方法紹介!

いよいよ新型iPhone発表ですね。 iPhoneファンにとっては、待ちにまった発表だと思います。   今回、新型iPhoneは3種類であることが既に判明しています。 ラインナップとしては以 …